松江のグルメたちに50年以上愛され続ける隠れた名店「喫茶MG」

出雲のスポット

「喫茶MG」看板
「喫茶MG」看板

昭和のレトロさは本物!長く愛され続けるお店

松江の市役所や県庁、警察署の周辺は、近くに松江城もあるため、飲食店も多くあります。スーツ姿や制服姿の方々がランチタイムを楽しんでいる姿をよく見かけますが、その中でも古くからある「喫茶MG」に行ってきました。

大通りにも面していない、狭い路地を入ったところにある「喫茶MG」ですが、12時少し前にお店につくとすでに中はお客さんでいっぱいになっていました。

「喫茶MG」外観
「喫茶MG」外観

お店の外観はこじんまりとした佇まいで、昔ながらのお店という印象でしたが、中に入ると、店内は昭和のレトロさが残るどこか懐かしいような雰囲気を感じます。

壁いっぱいに、色褪せたコンサートのチケットやポスター、写真等が貼られており、中には佐野史郎さんや佐々木希さんなどの写真やサインも飾られていました。松江出身の佐野史郎さんは、なんと学生時代からの常連さんだそうです。お店の方が人との繋がりやお客さんを大切にしているのが伝わってきます。

人気の秘密は味と値段と店員さんにあり!

喫茶MGの人気の1つである「あっちゃん」と呼ばれる店員さんは70歳を超えているそうですが、テキパキと店内を動き回っており、常連さんらしき人には「いつものやつ?ご飯少なめでパスタなしね!」といつも頼むメニューや好みなどを覚えているようで、声をかけていました。

忙しい中でも、こういった気遣いがまた、このお店の魅力なのかなと思います。

サービスランチは全部で6種類あり、私はほかではあまり見かけない「かぼちゃカツ定食」を頼みました。アツアツホクホクで出てきたかぼちゃカツはとても美味しく、この味を求めてまた食べに来たくなる理由がわかります。かぼちゃ好きな人にはおすすめです。ご飯にみそ汁、漬物やサラダもついて700円という安さでした。

「かぼちゃカツ定食」
「かぼちゃカツ定食」

実はこの「喫茶MG」でいちばんの人気メニューは「カツ丼」であり、「日本のほんとうに美味いもん」という雑誌で総合1位を獲得したこともあるほど人気らしいので、次に立ち寄る際は是非食べてみたいなと思います。

知っておくと役に立つプチ情報

  • 予約もできるので安心!

まわりには市役所や県庁、警察署などもあり、平日の昼間はスーツ姿の方々も多いです。また休日になると、家族連れやカップル、お店の外で写真を撮っている県外から来られたであろうお客さんなどもいました。すぐ満席になるけれど、名物店員のあっちゃんのおかげでお店の回転も早いです。また、電話予約もできるので、心配な方や時間に余裕がない方は、事前に予約しておくと安心です。

  • お車で行かれる方へ

お店の前の通りは一方通行なので、お店に気づかずに通り過ぎてしまうと、ぐるっと1周して戻ってこなければなりませんのでご注意ください。また、駐車場はお店の前の通りからみるとわかりづらく、「駐車場はどこにありますか?」と店員さんに聞きに来られるお客さんも少なくありません。事前に駐車場の位置も確認してから行かれると安心です。

関連ブログ