多目的オープンスペース『すずかけ荘』は雲州平田駅前の新たな地域拠点

出雲のスポット

雲州平田駅前にオープンした『すずかけ荘』。

すずかけ荘は、誰でも無料でご利用できるフリースペース、そしてシェアハウスです。

地元のNPO法人「ひらた空き家再生舎」の手により空き家を再生して作られたものです。

ひらた空き家再生舎と地域の関わり

ひらた空き家再生舎による「すずかけ荘」の構想が持ち上がったのは2019年。

県立大学や商工会議所と街づくりについてのお話をするなかで「平田に学生向けのシェアハウスがあると面白いよね」というところから着想されたとのこと。

そして、ふるさと島根定住財団の支援も受けながら作業がスタート。

さらに地元で自由に利用できる「オープンスペース」を併設することに。

地域を巻き込み、地元の学校(平田高校)などとも協力しながら作られたプロジェクトというわけです。

リフォーム費用を工面するために実施されたクラウドファンディングも大成功。

見事にシェアハウス・オープンスペースが完成し、オープンされました。

すずかけ荘のビフォー

すずかけ荘は「角好古堂跡地」を再生したものです。

この古びた空き家がひらた空き家再生舎の手によってどのように生まれ変わったのか…。

多目的空間「すずかけ荘」

このオープンスペースの目的は、誰でも無料で利用できるフリースペース。

電車の待ち時間、おしゃべり、趣味の教室など使い方は自由。

それと同時に「地元の空き家の利活用を活性化させる」という目的も持っています。

空き家の再生を地元にイメージしてもらうことで、空き家再生の拠点となることが期待されます。

シェアハウスとしての「すずかけ荘」

ひらた空き家再生舎の手で蘇った雲州平田駅前の町家には、シェアハウスとしての側面も。

ほんとうに奇麗に仕上がっています。古民家の雰囲気も残していて素敵。

女性専用シェアハウスとして募集がスタート。まずは島根県立大学の学生さん向けとなっています。

オープンスペースとの入り口は完全に分かれていて、シェアハウスはオートロックなので安心ですね。

『すずかけ荘』のスポット情報まとめ

雲州平田駅から徒歩1分。駅の目の前です。

オープンスペースの土間は日曜を除いた午前8時〜午後6時まで。

無料WiFiも使えて、自由に利用できますよ。