堀川沿いのシックなコーヒーショップ『LITTLE COURT COFFEE』。地道なハンドピックは焙煎へのこだわり。

出雲のスポット

松江市には、焙煎や豆にこだわりを持つコーヒー店が多くあります。

その理由のひとつとして、松江市に古くからお茶文化が根付いていることが挙げられるのではないかと睨んでいます。

日本茶とコーヒーは別物ではありますが、日常に馴染んだ喫茶文化という点では共通しているのではないでしょうか。

松江市の城下町に佇む『LITTLE COURT COFFEE』

こちらの『LITTLE COURT COFFEE』は、松江城にほど近い堀川沿いにあるコーヒー店です。

古い店舗をリノベーションした店構えは、城下町の街並みにも馴染むシックな色合いです。

『LITTLE COURT COFFEE』外観
『LITTLE COURT COFFEE』店頭

店頭には、コーヒー豆の他にもケトルやカップ、タンブラーと言ったコーヒーに関する雑貨類も並んでいます。

好みのアイテムを揃えて、自分好みのコーヒータイムを演出するのも素敵ですね。

『LITTLE COURT COFFEE』の自家焙煎へのこだわり

『LITTLE COURT COFFEE』カウンターのコーヒー豆

『LITTLE COURT COFFEE』では、欠点豆を手作業で取り除く「ハンドピック」と呼ばれる工程にこだわっています。

ハンドピックは大変手間と時間がかかる作業なので、小規模の焙煎所でしか行うことができません。

ハンドピックされた豆は毎日こまめに焙煎されるので、鮮度と香りも抜群です。

初めて豆を購入する場合は、毎日飲みたくなるようなコーヒーを目指したハウスブレンド「ブレンド・ヒビノカオリ」をチョイスしてみてください。

その他にも、甘味が感じられるブレンドやスパイスにも負けない苦味が際立ったブレンド、朝一番に飲むためのコーヒーや二日酔いの日に飲むコーヒーなど、バリエーションは多彩です。

気分やシチュエーションによって豆を選べるのは、日常的にコーヒーを楽しむ習慣がある人には嬉しいですね。

『LITTLE COURT COFFEE』正面からの堀川の眺め

『LITTLE COURT COFFEE』の正面には堀川が流れており、堀川遊覧船が通っていきます。

テイクアウトしたコーヒー片手に京店商店街を散歩したり、ベンチに座ってゆったりと川の流れを眺めるのもおすすめです。

アクセス・駐車場など

『LITTLE COURT COFFEE』には専用駐車場がありません。

周辺のコインパーキングに駐車するようにしてください。

島根県庁や松江市役所は土日祝日に駐車場を開放(おもてなし駐車場)しているので、そちらに駐車して散歩がてら歩くのも良いですね。

営業日・営業時間や、イベント関係の告知については公式サイトをご確認ください。

→ LITTLE COURT COFFEE 公式サイト