「元湯」を体感する出雲湯村温泉

出雲のスポット

お手頃な料金で入れる本格温泉

出雲には外来で入れる温泉がいくつかあり、それは温泉としては安い料金だと思います。

出雲市街から足を伸ばせる温泉のなかで、雰囲気がよくお手頃な温泉といえばこの出雲湯村温泉です。

温泉ですが料金は400円で、銭湯よりも安い値段です(出雲には銭湯はありませんが)。

距離は出雲市街から約30キロ、住所は雲南市です。

少々出雲市街からは遠いですが、夜の温泉もよかろうということで、営業終了時間も迫りつつありましたが、この日は向かうことにしました。

歴史ある源泉かけ流しの温泉宿

出雲から松江方面に向かい、斐伊川で右折してどこまでもどこまでも川沿いを走っていきます。1時間弱ぐらいかかったでしょうか。到着したのはまさに「ひなびた温泉宿」と呼べるような建物でした。

宿の方に聞いたところ、向かいにある浴場が共同浴場となっており、外来でも入れるようになっていました。

少々古めかしい感じで心配だったのですが、脱衣所に入ると、狭いながらとても綺麗に整備されておりました。

温泉内はシャワー設備はなく、それぞれの洗い場に溜められているお湯を湯桶ですくって洗います。シャンプーとかボディソープはありませんが、石鹸だけは置かれていました。

湯船に浸かると、これぞ元湯温泉という感じで体が芯から温まりました。後ほど調べてみたら、加水加温なしの源泉がそのままかけ流しされているとのことでした。

小さいながらも、露天風呂もあり、ゆったりと温泉を満喫することができました。

これも後ほど調べて分かったことですが、この温泉は出雲國風土記に「漆仁(しつに)の川辺に薬湯あり」と記載されているとのこと。

確かにどんな病いもよくなりそうな、そんな気がする温泉でした。これで400円ですから、お得ですね。

足湯や混浴の露天風呂も

湯村温泉には、落ち着いた雰囲気でゆっくり過ごせる休憩スペースがあり、その脇には足湯がありました。

足湯は無料で誰でも使えるそうです。

さらに、この出雲湯村温泉には河原沿いに野湯の露天風呂があるそうです。今度は行くときは、明るいうちにいって、こちらにもチャレンジしてみようと思います。

出雲湯本温泉の基本情報

営業時間は10:00~21:00です。駐車場は目の前は数台しか置けませんが、少し離れたところにも置くところがあるようでした。お宿の湯なので、年中無休で営業しているようです。

  • 住所:島根県雲南市吉田町川手161-4
  • 電話:0854-75-0031

→ 湯村温泉公式サイトはこちら