リノベーションした古民家に、今春は虫が湧いてきません

2020年3月30日出雲で古民家暮らし

昨年(家🏠を立てたばかり)の今頃の時期、家の中に虫🐜がたくさん湧いたという話がありました。

昨年の春、虫が古民家に湧いた

昨年の今頃は、カメムシ・アリ・ムカデ・ヤモリ…とむしむし大行進で大変でした。

これは家の中の古い梁や柱の中でうまれた虫たちが原因でした。

虫たちにしても、春目が覚めたら高断熱住宅の中に閉じ込められていてびっくりしたことでしょう。

どの虫たちも、窓から外にでようとしていたことが印象に残っています。

今年は快適で、虫は出てこないです

今年はというと、むしゼロでとても快適です。

やっぱり昨年のむしは全部古い梁や柱のなかに潜んでいた子たちだったんだなぁ〜。

ちゃんと隙間を埋めて断熱してもらったので、外からはまったく虫は入ってこれないようです。

可愛いヤモリの赤ちゃんの姿を見れないのはちょっとさみしいですが(笑)。

古民家リノベーションでしか味わえないシビれる体験でした。

めでたしめでたし。です。

さらにくよし(煙で燻し)て虫対策

別の記事にくわしくまとめましたが、さらに蚊取り線香を屋根裏で炊くことで、新たな虫対策もやっています。

すっかり家の中では虫には無縁になってきました。

関連ブログ