歴史ある梁やユニークな斜めの天井に大満足。古民家ならではの天井の工夫。

2020年5月22日出雲で古民家暮らし

我が家は古民家をリノベーションしたため、もとの骨組みを変えづらい制約がありました。でもそのおかげで変化に富んだ面白い家になりました。

デザイン性の高い勾配天井

面白さの一つは、リビングや各部屋など窓のすぐ上に屋根がある関係で天井に傾斜があることです。

リビングは高さをだして開放感

古民家ではよく、梁を出すために天井板を剥がすといったことをするのですが、その結果「斜めの天井」を見ることになるわけです。

子供部屋はとくに複雑な形状
衣類部屋にも斜めのアクセント

一見不思議な雰囲気ですが、住んでいるとまるで洞穴にいるようでとても落ち着いてすごせています。

迫力の梁を活かした天井

梁を活かすのも古民家ならではですよね。

とくに昔の家は梁に太い材木を使っているなど、迫力があります。

この写真は寝室なので、毎日寝転がって梁を眺めていても飽きません。

寝室の迫力の梁と複雑な斜め天井

この部屋はとくに傾斜に合わせて杉の板を貼ってもらい(すごい技術です)、梁と併せてとてもお気に入りの天井です。

奥行きと広さを感じる天井の高低差

そして、もう一つは天井の高低差が出来たことです。

廊下は低め

玄関周りの天井は女性の私が手が届きそうなほど低くなっています。

廊下の途中で一般的な高さになって、奥のリビングは梁を見せるためにかなり高くなっています。

このため、玄関とのギャップもあって、普通に高くするよりもより開放感が出るようになりました。

高低差のある天井

いつも家に居ると、ついつい天井を眺めてしまいます。

古民家ならではの独特なデザイン

これらは新築の住宅ではなかなかありえないデザイン。

まさに「古民家ならでは」と言えるのではないでしょうか。

これも古民家リフォームの面白さのひとつだと思います。

ぜひ天井にもこだわってみてください。