出雲教北島国造館

2020年1月25日出雲のスポット

出雲大社の隣なのに趣が違う出雲教北島国造館

出雲大社の周辺にも見ごたえのあるスポットがたくさんあります。

出雲大社の本殿の境内向かってすぐに隣にある出雲教北島国造館もそのなかのひとつです。

ここは景観がすばらしいので、写真中心にご紹介します。

ここにいると出雲大社のそばにいることをしばし忘れてしまう感じです。

出雲教とは

参拝する御神殿は、出雲大社のミニチュア版って感じです。

なぜここが出雲大社と区別されているのか、由来の説明書きがありました。

出雲大社という神社と、その御神徳を拡める教団としての出雲教を区別したようですね。

北島国造館はこの出雲教の総本山ということらしいです。

きれいな庭園

御神殿の横には庭園が広がっております。ここは結婚式の写真が撮られるところで有名でもあるようです。

中央にあるベンチに座って景色を眺めると気分が爽快になりますよ。

天気のいい日であればいつまでもここにいたくなります。

池の前には、亀の乗った神像がありました。

竜宮城に行く浦島太郎ではなく、大国主命とともに国造りをした少名毘古那神(すくなひこなのかみ)とのことでした。

後ほど紹介しますのが、奥に行くとみごたえのあるスポットがたくさんあります。

次々と変わる景観

庭園の右側にみえる門をくぐって奥に進んでみましょう。

門をくぐったところが、出雲大社側からの入り口です。

出雲大社の境内のすぐ脇です。こちらが同じ場所から撮った出雲大社側の写真です。

本当にすぐ隣ですね。

亀の尾の滝の方に進むと、あらわれたのは御三社。

ここはさきほどの庭園からブラインドの位置にあるので、行かないと存在が分かりません。

森に守られた社のよう感じました。どっしりと構えてみえます。

荒神社、雨穂日命社、稲荷社と3つの社があります。

滝と池にあるスポット

右に進むと、庭園の先にみえていた池です。滝は近づくと思った以上に迫力ありますよ。

池の中で祀られているのが天神社。すぐそばまでいってお参りすることができます。

池を庭園の方に向かって、歩いてくると、また滝に向かって右手に別の社が奥に見えました。

こちらは天満宮ですね。出雲大社の中にも祀られていましたが、ここにもありました。

天満宮からみた庭園の写真です。

ここは少し別の角度からみるだけで、全く違う景観に出会うことができます。

境内にある他のスポット

この他にもいくつかみどころがあります。

庭園の向かいにあるのが、旧國造邸式台玄関跡です。

昔はここからお屋敷が連なっていたようですが、火災でほぼ全焼してしまったようです。

写真の右手になります。

御神殿の横の建物に飾られているオブジェです。

由来とか分かりませんでしたが、出雲大社の神楽殿にあるいのちの根に近い印象を受けました。

出雲会館というところでは着物が展示してあるのがみえました。

開館していたら間近でみられるかもしれません。

少し離れたところにある隠れスポット

最後に隠れスポットを紹介します。

こちらはこの北島国造館の境内の端、駐車場の先にある細道を登ったところにあります。

あったのは山王社という社でした。

素朴な社ですが、ここが山の守り神のような気がしました。

ブログ主と北島国造館

出雲大社に参拝する際にはいつも立ち寄っていて滝の音や鯉の泳ぐ姿をゆったりと楽しめる心落ち着く場所です。地元の方には「北島さん」の名で親しまれています。

結婚式場としても地元の人に人気です。ブログ主も北島さんを式場に選びました神在祭真っ只中の神聖な空気と秋晴れに紅葉が映える中で挙式と写真撮影をしたのですが緊張でよく覚えていません…。

最後に

いろいろな景観に出会えるところでした。

出雲大社を参拝した後に、ゆっくりと休憩とりながら、景気を眺めるのはいかがですか。

しばし出雲大社にいるということを忘れられるかと思います。

ホームページ:

http://www.izumokyou.or.jp/keidai.html

出雲大社の周辺にはこれ以外にも見所がありますので、お時間を多めにとられて観光されるのがおススメです。