ユニークなイベント揃いのツドリバ-RO-

2019年6月22日

このところ出雲市にある ツドリバ-RO- というコミュニティスペースによく行きます。ここではいろいろなイベントを定期的にやっていて、どれもユニークで面白いのです。わたしのよく行くイベントを紹介したいと思います。

地球食堂

いわゆる「子ども食堂」というやつです。これは完全予約制になります。

どうも最近は子ども食堂というと貧困対策なイメージがついてしまってますが、本来のそれは「子どもにいろいろな出会いを与える場」なのです。ツドリバの地球食堂はまさにそれを目指した場であることが謳い文句からもわかります。

ツドリバ-RO-では、世界中から多くの旅人が世界中から集います。普段そのような人たちと関わる機会のない子どもたちに、気軽にふれあえる場として解放したいと思います。地元の食材を使ったごはんを食べながら、みんなと一緒におしゃべりしませんか?

ツドリバFacebookページより

普段の生活に関係しない大人との交流というのは、子どもにとってとても大切なことです。そういった場を提供するのも親の責務かなと思って、わたしも子を連れて数回参加しています。

…といった肩肘張った話はともかく、しょせんは子どもの集まりですので、イベントの当日は子どもたちの歓声でしっちゃかめっちゃかです。わたしははじっこでマンガを読んだりしています。大人も子どもも気楽な場なのが良いです。

食事は大学生のお姉さんたちが作ってくれてとてもユニークで美味しいです。

ところで出雲市で定期開催されている子ども食堂ってほかにあるんでしょうか?ご存知の方おられましたら、ぜひ教えてください。

EJE

【Language Exchange 言語交流】 ☆ー英語のみの会話20分、その後日本語のみの会話20分ー×2セット (80分間の会話練習となります)講師がいなければ、トピックもありません。参加者が日本語と英語を自ら積極的に使い、楽しみながら言語を学ぶ場です。ぜひ、それぞれが持つ目的のためにこの場を最大限に活かしてください!

ツドリバFacebookページより

これは英会話の「お話し場」です。ツドリバには英語を使う人(外国人含む)がよく来るようです。そういった人とお話をするための場をつくってくれているのがこのイベントのようです。

なかなかネイティブスピーカーとリアルの対面で話す機会というのは少ないので、貴重な機会として参加させてもらっています。ここではいろいろな話が聞けるので面白いです。子どもはあまりいません。

一品持ち寄りParty!Potluck Party!

参加者が食べ物を持ち寄ってそれをみんなで食べながらおしゃべりする…というシンプルな会です。手作りの品を持ってくる人もいれば、スーパーのお惣菜の人もいれば、持ち帰り餃子であったり、たこ焼きであったり、なんでもアリのようです。

カジュアルな感じで持ち寄ってごはんするだけですので、気軽にお越しください。料理が苦手という方は、買ってきてくださってもかまいませんよ。英語が話したい、外国人の方と接してみたい、という日本人の方は大歓迎!出雲でヒマしてるがいこくじんもさそっちゃってください!

ツドリバFacebookページより

ここにも「外国人」とありますが、この会の場合は必ず外国人がいるというわけでもないようです。ただダベる的な会なので、気楽です。子どもはあまりいません。

ツドリバの魅力

店長さんがとてもゆるい感じの人なのが良いです。子どもをてきとうに連れて行ってもあまり文句を言われないので、気楽に遊びにいってます。ご迷惑になっておらなければいいのですが…。

いろいろな社会問題に取り組むような場づくりも最近ははじめたようで、社会派の映画の上映会などもされているようです。わたしはそういうのとても良いと思うのでますます好きになりました。

ちなみにツドリバは本来的には出雲のゲストハウスいとあんのラウンジにあたるようです。イベントに外国人がよく来るのもこのためだと思われます。わたしは泊まったことはありませんが、出雲での宿泊先としても楽しめそうですね。

商売繁盛を願っております。