世界を知ってセカイを変える 〜未来世紀の山陰を語る〜 【Twitterスペース】

2021年11月27日お知らせと雑記

オンラインイベント(Twitterスペース)のお知らせです。

イベントの概要と予定

”フューチャートーカー”安田剛志さん(安来市出身)のミライトークをお楽しみください。

ドリンク🍺片手に、山陰の未来について語り合いましょう!

もちろん耳だけ(聞くだけ)参加でも大歓迎ですよ〜。

参加方法

当日までに、出雲で暮らすのTwitterアカウントをフォローしてください。

時間になりましたら、Twitterスペースでの配信をスタートします。

(※)ツイッターアカウントがない方でもリスナーとして聞くことはできます。

12月18日 VRのミライ

日時:12月18日18時(1時間程度を予定)

まだまだ敷居が高そうに見えるVRですが、実は意外と身近になってきています。 「住んでいる場所」の制約を超えられるVRが、地方と都会の関係を変えてしまうミライについて語ります。

11月27日 太陽光エネルギーのミライ

日時:11月27日18時(1時間程度を予定)

あのイーロン・マスクもソーラー事業に乗り出しているいま、太陽光にはどんな展望が開けているのか? 最先端のテクノロジーはどこまで進んでいるのか?

【→開催後のまとめ】

11月20日 ご挨拶&スペースの練習

日時:11月20日17時(1時間程度を予定)

Twitterスペースの練習がてら自己紹介と雑談をします。

イベントの趣旨

いま、世界では猛烈なスピードで新しいテクノロジーが次々と実現されつつあり、エネルギー・教育・経済システムなど、今までの当たり前が劇的に変わっていこうとしています。

山陰の現状を考えると、少子高齢化、産業の衰退など、問題は山積しています。同時に、ネットの発達による情報・物流格差の解消や、リモートワークの普及など、地方と都市部の格差が縮まり、コロナ下の現象も含め、急速に潮目が変わりつつもあるとも感じます。

ですが、地球全体でテクノロジーが劇的に発展し社会が大変革している中で、日本社会は取り残されており、世界中の人々が見ている未来の可能性を感じることなく閉塞感に満ちているようにも思います。

最先端のAI・自動化機械・医療技術革命、新しい経済システムなど、5年後・10年後にはあたりまえになる(かもしれない)それらの技術を知ることで、私達の地域が直面する問題に対しても、未来の可能性を正しく捉えることが出来るのではないでしょうか。

知識は希望です。

いま、人類がどのような科学技術や思想を手に入れつつあり、どのような可能性が拓けていこうとしているのか。私達の地域の問題は、地球全体の課題とどうつながっていてどう位置づければよいのか。

”フューチャートーカー”安田剛志が、よりすぐりの題材を元にフューチャートークを繰り広げ、よりよい未来の山陰のあり方を考えるきっかけになるような会を催します。

山陰の未来に関心を持たれているみなさま、是非ともご参加ください。お会いできることを楽しみにしております。

🔊フューチャートーカー🔊

安田 剛志

(株)CLOOD WORKS代表取締役、安来市出身

VRとアートの可能性を探る試みなど、新しいテクノロジーに追いつこうと藻掻き中。

京都に住みながら出雲の事をいつも考えている。夢は中海の歌姫。