今年は女王蜂が獲れすぎて…。対オオスズメバチ蜂トラップの今期の結果【2020年春】。

出雲で里山暮らし

(虫画像大量なので苦手な方は注意!)

【施主募集】新築を越える価値の「ハイスペック古民家」を建てませんか?↓ minnade_sodateru_banner

蜂が飛び込むオオスズメバチトラップ

この春に吊るしたハチトラップ(4月頭頃)。家の周囲に吊るしました。

今年は4月初旬頃がだいぶ寒かったせいか、設置してからしばらくはハエや蛾しかトラップにかかりませんでした。

今年はオオスズメバチは少ないのかなーと思っていたら…。

トラップに入り出られなくなるオオスズメバチ
トラップに入り出られなくなるオオスズメバチ

4月中旬を過ぎたころから、どんどんオオスズメバチが入ってきました。

トラップに入った沢山のオオスズメバチ
トラップに入った沢山のオオスズメバチ

捕まっているオオスズメバチを救おうとしてか(?)続々とトラップに飛び込んできます。

トラップを吊るして一週間採れたオオスズメバチ
トラップを吊るして一週間で採れたオオスズメバチ(5月中頃)

捕獲のピーク時には一週間でトラップを交換しなければ追いつかないほどでした。

このトラップを使うのもこれで3年目なのですが、本当にオオスズメバチのみが捕獲されます。

家の周囲にはいろいろな蜂が…ミツバチ・クマバチ・クロマルハナバチ・アシナガバチ・キイロスズメバチとバラエティ豊かに飛んでいます。

ピンポイントでオオスズメバチだけが穫れるので、良く考えられているものだといつも感心します。(作り方は上の関連記事をどうぞ)

捕獲はオオスズメバチの女王のみ

オオスズメバチのアップ
オオスズメバチ(女王蜂)のアップ

回収したオオスズメバチを近くで見ると、ますます厳つい強面な見た目で、仮面ライダーとかに普通に出てきそうです。

ハチトラップにかかったオオスズメバチ以外でこんなに間近に見る日が来ませんように…といつも思います。

左が女王蜂、右が働き蜂。
左が女王蜂、右が働き蜂。

6月頃からは小さめでスリム体型のオオスズメバチが捕獲されるようになってきます。これは働き蜂です。

働き蜂の数が増えてくると、トラップは逆に家の周りにオオスズメバチを誘うことになってしまいます。

5月下旬頃になると、捕獲される働き蜂の数が増えてきたので、トラップを片付けることにしました。

今季、女王蜂は180匹(❗)獲れました。

2018年55匹
2019年20匹
2020年180匹😰
オオスズメバチ女王の捕獲数

暖冬の影響でしょうか??例年より沢山でした…。

オオスズメバチのお墓

蜂がたくさん入ったペットボトルを処理していたある日。

それを見ていた子どもが「蜂さん可哀想だよ…」とポツリと言いました。

たしかに住居の安全のためとはいえ、例年より多い沢山の蜂の死骸を見て、このまま獲り続けても良いものか悩みました。

オオスズメバチも里山の生態系を織りなす仲間であることには変わりありません(獲りすぎも避けるべきでしょう)。

私もいたたまれない気持ちになっていたので、せめてもの慰めに一緒にお墓を作ることにしました。

スズメバチを埋葬
オオスズメバチを埋葬

庭の隅に穴を堀りました。

そして、蜂たちを埋めました。

子供手作り墓標
子ども手作り墓標

お墓を作った後、子どもがそっとお花を供えていました。

里山に暮らすと自然との距離のとり方を考える機会が増えます。